こむら返りの原因

0

    足がつる、こむら返りの原因は
    そもそも、なぜ足がつる、こむら返りは起こるのでしょうか?

    主な原因としては次の6つがあげられます。

    ミネラル不足

    こむら返りの原因の多くは、ミネラル不足による筋肉の異常収縮です。

    筋肉の収縮及び弛緩のバランスをとっているミネラルが不足すると、
    体を動かすあらゆる伝達がうまくいかなくなります。

     

    水分不足

    水分が不足し、脱水症状が起きると、体内のミネラルバランスが崩れます。

    すると、従来の筋肉や神経の動きを調整するミネラルの働きが乱れ、筋肉が異常な状態になり、こむら返りを起こしやすくなります。

    ミネラルのバランスを整えるためにも、しっかりと水分補給することは大切です。

     

    身体のめぐり

    身体のめぐり(循環)が悪くなると、身体を動かす伝達や信号がうまく伝わらなくなります。

    特に女性は悩まされることが多いので気をつけましょう。

     

    運動不足

    運動不足だと、スムーズに体が動きにくくなります。

    また、筋肉も使わないと衰えますし、固くなってしまいます。

    そうなると、何かの拍子で筋肉が収縮したときに、異常収縮が起こるのです。

     

    5筋肉の疲労

    運動などで過度に筋肉が疲労している時なども原因のひとつです。

     

    6骨盤の歪み

     

    上記以外にも様々な原因は御座いますが、一般的に多いとされる原因を取り上げてみました。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     


    血圧について第二弾

    0

      血圧の目標値は診察室では140/90mmHg未満、家庭では135/85mmHg未満

      血圧の目標値は年齢や合併症によりやや異なります。40代の方では診察室での血圧が140/90mmHg未満、家庭での血圧が135/85mmHg未満が目標値です。糖尿病や慢性腎臓病、冠動脈疾患などがある方はこれよりも目標値が低くなります。

      【図】血圧の目標値

      注:目安で示す診察室血圧と家庭血圧の目標値の差は、診察室血圧140/90mmHg、家庭血圧135/85mmHgが、高血圧の診断基準であることから、この二者の差をあてはめたものである。


      血圧の正常値ってどのくらい?

      0

        あなたの血圧は?血圧の正常値を知る

        あなたの血圧は正常?それとも高いですか? 血圧の正常値は、時代によって変わってきています。ほぼ4年ごとに改訂される関係機関による降圧目標血圧値は、より厳しくなっていく傾向にあります。

        診察室で測定した血圧が140/90mmHg以上、家庭で測定した血圧が135/85mmHg以上が高血圧

        血圧の基準として広く採用されているのが、WHO(世界保健機関)/ISH(国際高血圧学会)、米国高血圧合同委員会による分類です。日本では、2014年4月に改訂された日本高血圧学会による「高血圧治療ガイドライン2014」が基準となっています。ガイドラインによると、診察室で測定した血圧(病院・診療所等で医師・看護師により測定された血圧)が140/90mmHg以上、家庭で測定した血圧が135/85mmHg以上を、「高血圧」としています。


        子供の成長痛「シンスプリントについて」

        0

          下記の記事でシンスプリントの詳しい症状を解説しています。原因と合わせて読みシンスプリントへの知識をさらに高めましょう。そのことにより、シンスプリントの改善率も高まります。

           

          シンスプリントは我慢して練習していると「疲労骨折」を起こす。

           

          シンスプリントは、厄介です。シンスプリントの症状が軽いうちは、練習をしているうちにだんだんと痛みがなくなってくることがよくあります。そのため、シンスプリントの状態でも練習が出来てしまうのです。

          そのためか、「痛みを我慢しながら練習を続ければ治る」と言われています。これは、間違いです。

          この言葉を信じて痛みを我慢しながら練習を行なうと「疲労骨折」を起こし、半年以上走ることが出来なくなります。

          シンスプリントを治すためにはまず、シンスプリントになってしまう原因を正しく知ることが大切です。原因がわからず治療をおこなっても、なかなか治りません。また、シンスプリントの痛みがなくなったとしてもすぐに再発を起こします。

           

          シンスプリントの原因は、筋肉が硬くなり骨を引っ張っているため

           

           シンスプリントは「すねの骨の内側または外側」が痛む症状ですが、すねの周りには「ヒラメ筋」「腓腹筋」「前脛骨筋」などさまざまな筋肉が付着(筋肉が骨に付いている)しています。

          例えば、「ヒラメ筋」は、走ったり、歩いたり、ジャンプをする時によく使う筋肉です。その動作をするたびに強くぎゅ!ぎゅ!と緊張をして、すねの骨膜(骨膜とは、骨をおおっている膜)を引っ張ります。

          この緊張が強く起こり、引っ張り続ける状態が続くと、引っ張られている骨膜が耐えきれずに炎症が起き、痛みが起きます。これがシンスプリントになる本当の原因です。

          難しい説明になったが、「シンスプリントの原因は硬くなった筋肉」だと理解していただければOKです。

          シンスプリントを完治させるためには「硬くなった筋肉」を柔らかくすればいいのです。ただ、筋肉を柔らかくする前に練習を休まないと思うような治療結果がでないことを先にお伝えしておきます。

          では、その前になぜ、シンスプリントを起こしてしまう筋肉が硬くなったのでしょうか?これを知っておくと再発を防止することができます。


          子供の成長痛「シンスプリント」について

          0

             シンスプリントの痛みを起こす筋肉を硬くする6つの要因 

             

            1:地面を蹴るような走り方をするとふくらはぎの筋肉が硬くなりやすくなる

            2:練習後にアイシングをしていると筋肉が硬くなる

            患部が内出血を起こし、腫れてズキズキ痛むときや筋肉の使い過ぎによる炎症を起こしているときにはアイシングは有効ですが、普段のケアとして行う必要はありません。反熱作用を利用して、血流の促進で疲労回復のためにアイシングを行われることもありますが、血流の促進効果は、冷やさずはじめから温めたほうが効果は高いのです。

            3:痛みを我慢しながらストレッチをおこなっていると筋肉が硬くなる

            ストレッチは、「気持ちいい」と感じる程度であれば効果的ですが、痛みを感じるほど伸ばしてしまうと、筋肉が硬くなります。痛い方が効く気がしまうが過度なストレッチを続けると、筋肉が硬くなり、シンスプリントを起こす原因になるので注意しましょう。

            4:自分に合ったくつを履いていないと筋肉が硬くなる

            かかとに高さのある靴

            クッション性のある靴

            ひっかきの強すぎるスパイク

            靴幅や、サイズの合っていない靴

            5:チームの練習メニューに問題があるとシンスプリントになりやすい

            ジャンプ系のトレーニング

            ダッシュ→ストップを繰り返す練習

            6:過度なプレッシャーを感じているとシンスプリントになりやすくなる

            そのプレッシャーの中で練習をしていたら、体はずっと緊張し続けたままです。心も体も休む時がなく、どんどん疲労していきます。息抜きの機会を作って上げるのも良いかも知れません。

             


            オスグッド・シュラッター病の治療法や予防法について

            0

              オスグッド・シュラッター病の治療法

              発症後半年程度はスポーツをすることで痛みが強くなってしまいますが、成長が落ち着いてくれば痛みもなくなります。そのため、痛みの強い間はスポーツを控えますが、通常は症状に合わせて、オスグッド用のベルトを装着して痛みの出ない程度の運動を続けるように指導されます。体が固く筋肉の伸びが悪いと負担が大きくなるので、運動前に太ももをのばすストレッチングを十分に行いましょう。運動後は、お皿の下や周囲のアイシングを行い、痛みの強い時は湿布などをします。まれに、剥離した骨が遊離してしまい、膝をついた時の痛みが強い時は手術をすることもあります。

              オスグッド・シュラッター病の予防法

              中学生くらいまでは、膝の負担になる膝を深く曲げる運動は避けましょう。痛みがある時の無理なストレッチングも避けてください。痛みのあるなしに関わらず、運動後はしっかりとアイシングを行うことが大切です。時々は保護者が運動を休ませて、体の疲れをためないように注意することも必要です。風呂につかりながら太もも部を軽くマッサージして筋肉の疲れをとるのもよいでしょう。

              小学校高学年から中学校の成長期の子供が十分に休息を取れるように、生活面でも気を付けてあげましょう。もし膝下の痛みなどオスグッドが疑われる症状があれば、早めに受診してください。


              子供の成長痛について第二弾

              0

                シンスプリントとは?

                主な症状は「スネの内側の痛み」

                 

                はじめの症状―

                • スネの内側が痛い
                • ふくらはぎが痛い
                • スネの内側の骨を押すと激痛がする
                • 走ったり、ジャンプをすると痛い
                • ズーンと、鈍い響くような痛みがある
                • 骨がきしむような感じがする

                さらにひどくなると―

                • 歩いたり、立ったりするだけで痛い
                • 何もしなくてもずっと痛い

                シンスプリントとは、「スネの内側」が痛くなる症状です。人によっては「外側」にも、痛みが出る場合があります。シンスプリントになる人は、部活を始めたばかりやスポーツ、ランニングなどを始めたばかりの人に多く起きるため「初心者病」と言われます。

                 


                子供の成長痛について

                0

                  スポーツをしている成長期の子どもに見られる病気のひとつ、オスグッド・シュラッター病。急激に発育する時期に発症し、場合によってはスポーツを控えるように言われることもあります。オスグッド・シュラッター病の原因と症状を解説します。

                  オスグッド・シュラッター病の症状

                  オスグッド・シュラッター病は10歳〜15歳位の成長期のスポーツをする子供に起こりやすく、膝のお皿の下の骨(脛骨結節)が徐々に出てきて痛みを伴うものです。痛みのため、一時的にスポーツを続けられなくこともあります。
                  オスグッド・シュラッター病の症状は、お皿の下の骨が出てくることと、スポーツ時や押した時の痛みです。スポーツを休んでいると痛みがなくなりますが、スポーツを始めるとまた痛くなります。骨が剥離しているかどうかはレントゲン検査でわかります。

                  オスグッド・シュラッター病の原因

                  オスグッド・シュラッター病は、成長の激しい時期に、飛んだり跳ねたりする運動やボールを蹴る運動をしすぎることで発症します。 太ももの前の筋肉はお皿(膝蓋骨)を介してすねの骨(脛骨)の一部(脛骨粗面)につながっています。膝を伸ばす運動を繰り返すことで、太ももの前の筋肉がこの付着部分にある軟骨部を引っ張り、負荷が過剰になると炎症を起こしたり剥離してしまいます。成長期の子供の骨は軟骨から急激に成長する時期であり、障害を起こしやすくなっているところに過度の負担がかかることが原因です。


                  花粉症対策

                  0
                    花粉症の症状を感じたら早めの対策を‼
                    発症していない人だけではなく、発症した人は症状を重くしないためにも、外出時には、とにかく花粉に触れないことが大切です。サングラスやメガネ、マスク、帽子、そしてツルツルとした花粉を落としやすい服装を心がけましょう。帰宅したら、玄関に入る前に花粉を払い、うがいや顔を洗う習慣をつけましょう。

                    花粉症になる人って??

                    0

                      花粉症を発症する人は、遺伝的にアレルギー体質であることが主な原因として言われていますが、それ以外に何か原因はあるのでしょうか?
                      まず、一般的にあげられるのが食生活の変化です。なぜなら同じ地域に住んでいても、お年寄りには花粉症の有病率が少ないからです。インスタント食品やスナック菓子など今とくらべて、ほとんどなかった時代、昔からの和食がアレルギー体質になりにくい要素があるのかもしれません。次に自律神経を乱す睡眠不足や不規則な生活、そしてストレスも原因と言われています。自律神経が乱れると免疫機能がうまく働かないからです。生活習慣を見直し、規則正しい生活を心がけることで花粉症が楽になるかもしれません。
                      また、花粉の飛散が多い地域では、花粉症の有病率も高い傾向にありますが、排気ガスの影響も受けていると言われています。花粉の飛散量が同じでも、排気ガスの多い地域の方が花粉症になる人が多いのだとか。排気ガスのなかに含まれる微粒子と一緒に花粉を吸いこんでしまうと、アレルギー反応が出やすくなると言われています。また、アスファルトにも要注意です。花粉が飛んでも土に吸収され、再び舞い上がることの少ない田舎と違い、アスファルトは落ちた花粉が何度でも風に舞い上がり、空中を飛んでしまうので、花粉を吸い込みやすくなると言われています。そのため、大きな道路の近くや都会に住んでいる人は普段からマスクをするなど特に注意が必要です。

                       



                      PR

                      calendar

                      S M T W T F S
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      252627282930 
                      << June 2017 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM